映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

運動会用に望遠コンデジを買う(妻が)Canon PowerShot SX70HS

ツマが突然、次女の運動会用に望遠ズームのコンデジを買うと言い出したのが運動会の3日前。OM-D E-M1 Mark IIに12-200mm(換算400mm)あると言ったけれど重くてデカくてイヤだと。
RX10M4かなあと勧めたら(あのHFR撮影は欲しい)1kgなんて論外だと。まあ、値段も。

近所の量販店に見に行って、ニコンのCOOLPIX B600か、キヤノンのPowerShot SX70HSの二択に。
COOLPIX P900も候補にしてたけれど、実物見たら大きくて重いと。こういうとき、販売店の店頭に並んでいないカメラは存在しないも同じになってしまうのを実感。なるほど、棚を抑える、ってこういうことなんだなあと今さら思った。

SX70HSとB600は、似たようなデザインと立ち位置。いや、P900とB600の間にSX70HSが位置するというイメージかな。発売時期の関係もあってP900の価格はかなりこなれた印象だけど。
他にもスペックだけで言えば候補になりそうな機種はあるものの、追加条件「薄いコンデジでズームがぎゅっと伸びるのは使いづらい」「予算5万円」(LUMIX脱落)。AmazonあたりだとSX70HSとB600の価格差は約2万。見に行った量販店では1.5万円の価格差。

ただ、B600はEVFレスで液晶固定。運動会撮るのにEVFないのはさすがにどうよ、ということでSX70HSを(その場で)買う。判断速いね・・。
まあ、ワタシ的にもこの二択ならSX70HSだったので良し。あと21mmからって意外と使い勝手の差、大きいと思うの。
その他の理由と、インプレッションは後日。

SX70HS_01

–Ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください