映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

タワー型Mac Pro、再臨。(まだ起動させていません)

米国の工場で組み立てられているはずの(?)Mac Pro 2019が上海からやってきました。
明日は朝から仕事で、その準備があるので今日は箱から出しただけですが。

Mac Pro 2019_01

保護フィルムを纏ったままのMac Pro 2019。6年ぶりのタワー型Mac です。

Mac Pro 2019_02

大学で仕事している時に、こんなメッセージが家から来たほど巨大で重い箱。
実際にタンクトップに短パンの配達員がひとりで持ってきたそうで、よくやるなあと、ワタシだったらゼッタイ腰を痛めるヤツです。

Mac Pro 2019_03

とはいえMac Pro 2019、Power Mac G5と較べ極端に重いわけではありません。このダンボール箱が妙に重いのです。そりゃ、サンタさんも運搬効率が悪いわけだ。

セットアップは明日の夜か、土曜日にでも。
ので、貴重な(?)保護フィルム状態のMac Pro 2019のディティールを何枚か

Mac Pro 2019_04

チーズはおろしません。iFixitは尊敬するメディアなのですが、食べ物で遊ぶ、大事な仕事道具を汚す、ふたつの意味で今回は共感できません。ハードに使う、のは、雑に扱うという意味ではないと思います。
などと思ってしまうワタシは狭量ですかねえ・・。

Mac Pro 2019_05

フィルムに印刷された注意書き。

Mac Pro 2019_06

エアロックばりに緻密に回るハンドル。

Mac Pro 2019_07

まだ、電源を入れていません。

Mac Pro 2019_08

画面はデスクの下にあるMac Pro 2013から出力されています。そう、Mac Pro 2019を設置すべきデスク下はルミナスラックでMac Pro 2013のラックが組まれているんです。
設置場所、考えないとなあ。
6年ぶりのタワーMac Proは、大きくて重かったデス・・。

–Ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください