映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

EOS-1D X Mark III RAW動画で使えるメモリーカードは

EOS-1D X Mark IIIはCFexpress デュアルスロット(ああ、CFastの時代、短かったですねえ。高価かったのに)。もちろん、すべては速度のため、なんだけど、CFexpressならなんでも大丈夫かっていうと、どうやらそうじゃなさそう。特に5.5K RAW動画では。

SanDisk_CFexpress

2019年のCP+で展示されていたSanDiskのCFexpressカード(プロトタイプ?)

EOS-1D X Mark IIIがテスト用リファレンスに使っているCFexpressは、日本未発売のProGrade DigitalのCobaltであることは明らか(mono-logueで書いたけど、検索していたらすでにデジカメWatchでも書かれていた)だけど、その理由?と思えるのが、EOS-1D X Mark IIIの動画撮影機能仕様に書かれた以下の項「要求カード性能(書き込み /読み取り速度)」

4K DCI以下はCFexpressならなんでも良さそうだけど、5.5K RAWに関してはCFexpress 1.0 [330MB/秒以上] と記述されている。
ええと、プログレードデジタルのCFexpressカードには、ゴールドとコバルトという2つのラインがあるのだけど

普及仕様であるGold LINEだと120GBモデルの平均書き込み速度は 145MB/sで、これでは5.5K RAW動画撮影の条件を満たさない。いや、256GBモデルの350MB/sだって、アベレージということはそれを下回ることがあるって考えると、ギリギリ。というかリスキー。
でもProGrade Digitalのコバルトは日本未発売、なんですよね。


一方のサンディスク CFexpressは、プログレードデジタルよりMAXスピードは上だけど、平均速度、あるいは最低速度は非公開で。
なかなかハードル高いなあ、EOS-1D X Mark III、という話でした。

–Ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください