映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

プログレードのCOBALT CFexpress、ニコンが非対応に変更

ニコンZ 7/Z 6の“使用できるCFexpressカード”記載を改訂(デジカメWatch)
ミラーレスカメラ「Z 7 / Z 6」仕様に関する誤記についてお詫びと修正(ニコン)
ざっくり言えば、ProGrade Digital COBALT シリーズ 325GBのCFexpressを使うと、カードエラー表示が出て使えないことがある、らしい。

プログレードデジタルのコバルトといえばSLCメモリを謳う唯一のCFexpressカードで、キヤノンのEOS-1D X Mark IIIが検証用に使っているのは有名な話
要は「安定して高速」を保証する、コレ買っとけば心配なし、のカードだったんだけど、Nikon Z6/Z7ではなにかトラブルがあるらしい。

PROGRADE COBALT

EOS-1D X Mark IIIに続き、EOS R5もCFexpress搭載を発表しているので、EOS R5の8K動画もおそらくこのコバルトで検証しているはず。
・・・と思って、すでに1枚、買ってるんですけど💦
ちなみにプログレードデジタルのGOLDシリーズはアベレージの書き込み速度が遅くてダメ。mono-logueでのテストでもEOS-1D X Mark IIIの5.5K動画はNGだった。以前、検証したものだけど改めて載せておきます。

なお、キヤノンが公式にFAQで出しているEOS-1D X Mark III 使用可能なメモリーカードは?(2020/03/26版)では、Sandisk Extreme PRO 128GBも×になっています。mono-logueでの実地テストではOK(5.5K/60Pをメモリーフルまで記録)でしたが、メーカー公式見解は違いますので自己責任でお願いします。

–Ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください