映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

アップルシリコンとFinal Cut Pro

ウワサはかなり前から出ていたけれど、遂に正式発表されたアップルシリコン CPU。ArmベースのカスタムプロセッサをApple Siliconと呼ぶ相変わらずのネーミング巧者ぶりも、かつて敵対し、後に手を組んだビッグブルーを想起させる気があるのかないのか分からないBig Surという次期macOSもすごいなあ、と思いながらぼーっと基調講演を眺めていた。

みんなアップルシリコンベースの話なら、iPad上で動くFinal Cut Pro (Express)が登場してもおかしくないし(メモリとストレージ容量の話はおいておくとして、だけど)、macOS Big Sur上でiOS/iPadOSアプリが動くと言っているので、Macで原稿書きながら大辞林(物書堂)をひける、ってことなので呼び名だけ増えたアップルのOSシリーズがまたひとつの形になる予兆にも思えて、幸せな未来イメージだなあと思う。

Apple Silicon

別にアップル信者のつもりはない(嘘つけ、というツッコミは甘んじて受けます)けれど、68030のころからずっとMacintoshだし、FD→EF→RFとマウントは変わってもずっとキヤノンの一眼(レフではなくなった)がメインカメラだし、ワタシ、けっこう忠誠心の高い一途なヒトだと思うのです(笑)
2年かけてIntelからApple Siliconに移行するとクック氏は言っていたけれど、なんか、デスクサイドにあるMac Pro 2019がT-90に被って見えるのは気のせいですかね(笑)

–Ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください