映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

オンラインプレゼンの新星 mmhmm を試す

オンライン会議、オンライン授業、そしてオンラインでのプレゼンテーション。どう魅力的な見せ方が出来るかより、本当は中身、なのはわかっているつもりだけど、つい、いろいろ見せ方に凝って、一眼レフ(ミラーレス)をWEBカメラにしたり、ATEM Mini Proを調べたりしていたけれど、Macの中で完結できて、それでいて訴求力抜群に思える mmhmmを試してみた。

mmhmm_01

flick!のこの記事を読んで、面白そうだなと思ったものの、数万人がベータテスターのウエイティングリストにいるとタクタさんが書いてるし、公式のGrab an inviteにも数週間後に連絡するね、と書いてあるし、まあ、エントリーだけ、と申し込んだら、3日後に来ました。招待コードが。

バーチャル背景のヌケはイマイチだけど、トン単位(?)で良くなると創業者のフィル(元Evernote CEO)が言ってるし、安いグリーンバック買ってみるのもいいかな。
なによりプレゼンスライドをさっと背景におけるスマートさ。

mmhmm_02

仮想背景じゃなくても丸ワイプで見せれば、雑然とした部屋からでもなんとかなるし、背景のインポートやスライドの位置調整もすでにサポート。
もちろん、自分のサイズ変更も容易で、スイッチャー使って大掛かりなことしなくてもこれがスマートかつセンス良く、いいかも。
入力にEOS Webcam Utility BetaもCamTwistも使えたので、入力スイッチングも可能

ZoomもGoogle Meetもmmhmmをカメラに使えたので、オンライン授業に使ってみるかなあ。

–Ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください