映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

TIPA Awords 2007

ヨーロッパ版カメラオブザイヤーと言っていいのかな?
TIPA(Technical Image Press Association)が、TIPA Awords 2007を発表している。
日本語の記事(デジカメWatch)
オリジナルの発表(TIPA)

Tipa

デジタル一眼レフでは、
エントリー部門 Nikon D40X、エキスパート部門 PENTAX K10D、プロフェッショナル部門 Canon EOS-1D MkIII と順当というか、バランス指向な感じ。

コンパクトデジカメでは
ニコンのP5000、フジのZ5fd、パナのTZ3もそれぞれ順当。サムソンのi7ってどんなんだろ?
プレステージカメラという分かるような分からないような部門で、GX100が受賞してるのは面白い。

んでも、個人的には、フォトソフトウエア部門が
Aperture 1.5ってのが嬉しいかな。

–Ads–    Aperture 1.5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください