映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

NEX Eレンズの35mm換算

発表と同時、というタイミングの良さもあるのだろうが、NEX関連のエントリーへのアクセス数が凄い。ソニーというメーカーへの注目度というより、NEX自体に対する期待度が大きいのだろう。

発表会でカタログを貰ってきたのだが、見ていて意外なことに気がついた。
同時発表のEレンズ3本(うち同時発売は2本)の焦点距離表示に、35mm換算の数字が併記されていないのだ。

Img_9014

11923-282-168081

Img_9072

パンケーキ16mmF2.8
新マウントの最初のラインナップにパンケーキレンズを用意するあたり、やる気満々でいいなあ、ソニーと思うのだが、お約束の35mm換算でXXmmという表記がない。カタログのどこにも、ない。
WEBでもカメラのページにはなく、レンズのページにようやく記載がある。

最初はユーザーに不親切だなあ、と思った。
αと同サイズのイメージャーなので、35mm換算はX1.5。計算すればいいだけだけど、初心者は困るでしょ・・と思いながら、いや、違うかも、と気がついた。
ソニーは確信犯的に35ミリ換算表記をしていないのだ、と。

NEXが今後どんな展開をしていくのかは分からないが、すくなくともファーストNEXであるNEX-3,NEX-5は既存の一眼ユーザーへのリプレイスを狙ったものではなく、いままでコンデジ等のユーザーだった層へ一眼の魅力を訴求していくもの。
そのときに、35ミリ換算の焦点距離って、かえってわかりにくい可能性が高い。
・・って判断じゃないかなあ、と思った次第。(いや、実際は分かりませんが)

–ads–

11923-282-168081
Comments (2)
  1. yamaei より:

    NEXは魅力的ですが、35mm換算の表記がないと、これまでのフィルムに親しんだカメラユーザーは画角がイメージできないですよね。でもNEXユーザーはNEXしか使わないから何の問題もないということでしょうか。ソニーらしく、独自の道を行くと?

  2. 伊藤幸雄 より:

    何時でも携帯出来るカメラ手頃でよいと思います。いかしamazon.co.jpで買うはどうも
    いただけない。いつの間にか解らない間にクレジットカードから年会費が差し引かれている。
    感じの良くない事です。ソニー商品もイコールに感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください