映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

2020年の一眼カメラ生産台数

SankeiBizのカメラ系記事「デジカメ市場、プロ向けミラーレスで激戦 ソニーは最上位製品を今月発売 」の中に「20年のミラーレスの生産台数計326万台のうちソニーが115万台で首位、キヤノンが105万台で2位だった。ニコンは25万台にとどまる。一眼レフは計239万台のうち、キヤノンが171万台、ニコンが65万台だった。」という一節があったので表にしてみた。

SONYすごいな、と思う一方、ミラーレスに全振りしてるソニーに較べ、キヤノン、ニコンは2020年でも一眼「レフ」をミラーレス以上に生産しているのか、(生産台数なので)売れている、とは限らないけれどワールドワイドでは一眼レフは終わってはいないんだなあと思わせる。
ミラーレスの「その他81万台」にフジフィルム、パナ、OM、リコー、シグマで、レフの「3万」はPENTAXですよね。ニコン厳しいというのは分かるけど、それでもミラーレスとレフ合わせた「カメラ生産台数」は、ソニー、キヤノン以外の全メーカーを合算した台数よりは多いのか。
などと、とりとめも無く考えた。

EOS R5 & platypod_01

右肩下がりのカメラ生産台数を表現してみました。

–Ads–

コメント (1)
  1. popopin8161 より:

    こんにちは。
    数字で見ると、現在の写真関係の様子がよくわかりますね。
    ミラー・レス、今後のより良い進展を望みます。
    PENTAXの「クイックリターン・ミラー」にかける意地が、心揺さぶります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください