映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

EOS Utility 2.10.4とオニオンスキン

Canon EOS Utility が2.10.4となり、ようやくLionに対応。まあ、Mac OS自体はMountain Lionが発表された後で、遅いよ、って感も拭えないのだが、それでも正式にライオンでEOS Utility が使えるのは歓迎。

Eos_utility_2_10_4_01

現行のEOS Utility 2.10.2はLionで動作しない(が、実は2つまえのEOS Utility 2.8.1だと動作するというトリッキーな状況だった)
すぐに入れて確認。

Eos_utility_2_10_4_02

うんうん、Lionでリモート撮影OK。
ダウンロードページの変更履歴には
EOS Utility 2.10.4 for Mac OS X の変更点 Mac OS X 10.6.8~10.7に対応しました
としか書いていないし、デジカメWatchのニュースにもそう書いてあるので、ライオンで動作することだけ確認しておしまい。mono-logueに書く必要などない・・・と思ったら

Eos_utility_2_10_4_03

あれ?
この構図ってボタン、なんですか?

押してみると・・・

Eos_utility_2_10_4_04

え?オーバーレイ?
オーバーレイ画像を選択?
(ソーラーレイでもアムロレイでも綾波レイの選択、でもありません)

もしかしてこれって・・・

Eos_utility_2_10_4_05

そう、オニオンスキン機能だった。

え?EOS Utilityにオニオンスキン機能なんてあったっけ?
最近ずっと2.8.1という古いバージョン使っていたから忘れてるだけ?と思ってキヤノンのDLページ見直したら、2.9.1の変更履歴に
オーバーレイ表示機能の対象画像にRAW画像を追加
という一文があった。

あれ〜?ワタシが忘れてるだけ?いつから付いたんでしたっけ・・?

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください