映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、ワタシの興味関心の向く モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006  このblogはアフィリエイト広告等の収益を得ています。収益はすべてモノローグに役立つ無駄遣いに使わせていただきます。

わたしと彼女 初号

自主制作ショートムービー わたしと彼女 

Watashi_to_kanojyo

駿河台大学メディア情報学部 斎賀ゼミ の課外制作であるショートムービー
「わたしと彼女」のWEB公開版です (初号 2012年2月22日公開)

可能であれば下の埋め込みリンクではなく、直接YouTubeでご覧下さい
vimeoは容量オーバーと言われてしまった。ううむ。

デジタルムービー実践ガイドブック (玄光社MOOK)

デジタルムービー実践ガイドブック (玄光社MOOK)

ビデオSALON
6,948円(06/19 16:54時点)
Amazonの情報を掲載しています
コメント (5)
  1. katufumi より:

    自主制作ショートムービーが、よいよ公開ですね。
    大変楽しみにしています。
    デジタルムービー実践ガイドブックを予約しました。
    katufumi

  2. weiji0408 より:

    早く見てみたいですね!
    楽しみです。

  3. weiji0408 より:

    拝見しました。
    初号と言うことで、音楽の使い方など洗練の余地があるかと思いました。
    映像に関してはよくある「ボケ祭り」が見られますね。
    これは演出に必要な意図されたボケでなく、単に被写界深度を浅く取れる事に振り回された意味のないボケが散見されたと言うことです。
    また同一シーン内の色味の変化や、野外のシーンではあきらかな露出オーバーもありました。ジブを使用したクレーンダウンの導線がカーブを描いていたのはご愛嬌ですね。
    撮影が学生さんなら許容される範囲です。
    編集はマッチカットがややぎこちない箇所がチラホラ。
    ドラマ編集に不慣れと言うこともあるでしょうが、撮影時に役者へ編集時を想定した演出の意図が伝わってなかったのかもしれませんね。
    お芝居は、演技が本職でない学生さんの一生けん命な感じが伝わってきて好感を持ちました。

  4. weiji0408 より:

    音声は歩行中の会話などいきなりセリフが細くなったりして違和感を覚える箇所もありましたが、ワイヤレスを使用しない場合はプロでも難しいシーンでもあるので大変だったと思います。
    とにかくお疲れ様でした。
    次回作を楽しみにしています。

  5. なしま より:

    こんなに綺麗な映像が撮れるんですね!
    一眼レフが欲しくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください