映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

FCP Manager Lite

株式会社リーンフェイズ、FCP6対応のFCP Manager Lite(フリーウェア)をリリース

Icon
Final Cut Proの初期設定ファイルを複数管理できるアプリケーション、FCP Manager Liteが株式会社リーンフェイズからリリースされました。

これ、機能は単純で、Final Cut Proの初期設定ファイルを複数保存できるのが中心なんだけど、これを使うとAVIDライクに、エディター設定を使い分けて起動できる。
(エディター単位でユーザーつくれば良いんだけど、編集の都度、ログインし直すのってかったるいよね。

Fcpmanagerlite002

んじゃ、個人ユーザーには意味がないかというと、いろんな設定を使い分けたいとき、レイアウトやボタン配置を含む様々な設定を一括で変更できるので結構便利。

んでも、実は一番大きいと思うメリットは・・・・

Fcpmanagerlite001

ユーザーなら経験済みだと思うけど、Final Cut Proって、なにげに不安定になったりします。
原因は様々だけど、対処療法のひとつが初期設定ファイルを消して立ち上げ直す、ってのは「まずは試せ」と言われる王道パターン。

FCP Manager Liteは、初期設定ファイルのバックアップと削除、リストアを行う機能を持ってる!
というわけで、ユーザーは入れていて損しない。絶対。(笑)

ちなみに、Final Cut Pro 6 で挙動確認しました。

FCP Manager Lite ダウンロードサイト

株式会社 リーンフェイズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください