映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

Retina 対応Final Cut Pro X

Mac Proがああだったことに重い気分ではあるものの、NEXT GENERATIONなMacBook Pro type-Rに無理やり目を向けているmono-logueです。こんばんは。眠いです(笑)
にしても、ジョブスがいないプレゼンでNEXTの言葉を聞くとは。
アップルはやはりNEXTの亡霊を追いかけるのでしょうか(違

Update

で、RetinaなMacBook Pro登場をまえに、Final Cut Pro XがRetina化。
そうそう、そうこなくちゃ。

いまだネガティブな評価をする人も少なくないFinal Cut Pro Xだが、食わず嫌いがもったいない高性能アプリに成長しているのは間違いない。

Fcpx

そのプレビューがドットバイドットでフルHDいけるというのは、四の五の言わずに体感するしかないはず。

ちなみに、RetinaじゃないFinal Cut Pro Xで全編編集された紗々ROM 黒。は、白。とともに8月発売、ですが、すでに初回版は予約で完売。
1回限りの追加予約も明日で終了なので、よければ公式ページへ。

ところで、MacBook Pro with Retinaの製品ページ

Retina

RetinaディスプレイだとFinal Cut Pro Xもこんなに高精細・・・って図。
インタラクティブなルーペまで駆使したそそるものだけど、Final Cut Pro Xのプレビュー画面について、野暮を承知で突っ込むと

Retina2

これ、両方100%になってるけど、Final Cut Pro Xのここの表示はピクセル等倍に対して何パーセントかって意味だから、右のRetinaが100%なら、左の通常液晶なら「合わせる」が正解のはず。
こういうミスは珍しいなあ。

コメント (3)
  1. より:

    さすが!鋭いツッコミ!

  2. kanchin より:

    「紗々ROM」遅ればせながら買わせていただきます~。
    MBP with Rいいですね。
    ウチはFCPとAdobeの対応状況を見てから動こうかなと思ってます。
    レポート期待しております。

  3. Taka より:

    あれれ!?
    「紗々ROM」 まだ13日なのに予約終了してますね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください