映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

ビデオSALON7月号の別冊付録が凄い

お世話になっているビデオSALONの7月号が届く。

Videosalon_7_01

特集1「デジタル一眼、10万円デビュー!!」は、基本的な内容ながら面白い。
にしてもデジ一眼がここまであたりまえの世界になるとはなあ。

Videosalon_7_02

そして、今月号には別冊付録「ウェブ動画時代の映像制作機器ガイド2012」がつくのだが、これが凄い。
この機材ガイドは毎年のように付く、ビデオSALONの定番付録だが、今回、実際の制作者の機材構成を見せるコーナーがかなりバラエティに富んでいて面白い。

Videosalon_7_03

クリス・モアさんはじめ、独自の方法論を持つひとのインタビューと機材は参考になるし刺激にもなる。
惜しむらくは個々のページに作品URLがあって、ひとによっては作品が見えるのだが、ビデオSALON ウエブで、まとめたリンク集とかあるといいのになあ。
紙とネットは相互補完の関係になってきていると思う。

Videosalon_7_04

その他、最近、追ってなかったせいか、面白そうな機材が多数。
ジブアームの後継機がでてたのか・・・

–ads–

コメント (2)
  1. MASAKI より:

    昨年12月に宮崎で行われたAUGMにビジターとして参加していたものです。
    もともと写真を主に撮っていたのですが、最近ムービーも撮り始めています。AUGMに参加して斎賀先生の講演を聞きタイムラプスに興味を持ちました。
    まずは手軽なiPhoneを使ったタイムラプスを作ってみようと思います。
    現在ムービーの編集はiMovieだけで行っているのですが、斎賀先生のようにFinalCut Pro X を使う必要はありますか?
    それともiMovieだけでもタイムラプスを作ることは可能でしょうか?

  2. Christina より:

    Great article and your blog template is so cool.
    This is a well written post. It is very informative and clear. genius

MASAKI にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください