映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、ワタシの興味関心の向く モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006  このblogはアフィリエイト広告等の収益を得ています。収益はすべてモノローグに役立つ無駄遣いに使わせていただきます。

箱の中にみっしりと:MacBook Pro Retina

MacBook Pro Type RことRetinaが届いてから初めての週末が来ようとしている。

MacBook Pro Type R_01

届いたMacBook Pro Type Rの箱は驚くほど薄かった。
どのくらい薄いかというと

MacBook Pro Type R_02

手前はMacBookAir(mid 2009)

MacBook Pro Type R_03

横幅こそ、MacBook Pro Rがあるものの、厚みはMacBookAirの方があるくらい。

MacBook Pro Type R_04

往年のiBookの箱と。

MacBook Pro Type R_05

この厚みの違いは、単に持ち帰りがスリムで楽なだけではなく(今回、取っ手もなくなった)、運送コストも下がるよね。
なんでこんなに薄いのかと言えば

MacBook Pro Type R_06

匣の中にはみっしりと・・・(by 魍魎の匣)

–ads–

文庫版 魍魎の匣 (講談社文庫 き 39-2)

文庫版 魍魎の匣 (講談社文庫 き 39-2)

京極 夏彦
1,633円(07/24 14:58時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください