映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

iMac (Late 2012)のアカデミック価格

13inch MacBook Pro Retinaが、けっこう微妙な仕様と価格で出てきて、ワタシの周囲は困惑中。
メモリはオンボード8GBしかなく、BTOでも増やせない。
グラフィックスもIntelのみ。内蔵SSDを256GBで比較すると、NVIDIA積んだ15inch MacBook Pro Retinaと価格差が1.6万円程度になってしまう。

その意味では、サイズに絶対的な価値を見いだせない場合、13inchは割高に感じるんだよねえ。

さて、では本命?iMacはどうか。

Imac3

こちらは21.5inchはオンボードメモリーなのか、ユーザーがメモリ増設できない。
27inchは松と竹の価格差は1.4万円でクロックとV-RAMサイズの違い。
なんだけど、アカデミック価格だと、なぜか、松の方が割引率低いんだよね
アップルはときどき、こういう意味不明なことをする。
そのうえ、どうやら竹はCPUやグラフィックスを上げたりできないみたい。

でもなあ、クマデジさんが書いてるように、フル装備仕様だとかなりの金額になりそうだなあ・・・。

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください