映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

スローシャッターバイブル

銀塩写真がデジタル写真になり、その場で結果を見ることが出来るようになったことで、試行錯誤の余地は広がり、結果的に現場で写真を「追い込めるように」なった。
とはいえ、長時間露光は現場でなんども試行錯誤する余裕がない事も多く、難易度の高いシチュエーションだと思う。

Slow_1

今日、4月10日、玄光社から発売された「スローシャッターバイブル」は、文字通り、スローシャッター撮影に特化した写真マニュアル。

様々なシチュエーション別に、設定の考え方や露出データが作例と共に紹介されていて、これは貴重だなあ、と思った。

Slow_2

Slow_3

シチュエーション毎にフォトグラファーも異なり、それぞれの考え方、流儀の違いが垣間見えるのも楽しい。
技術解説と言っても、目からうろこのような特殊なノウハウではなく、読めばなるほど、そうだよね、と思う内容の話ではあるんだけど、実際の露光時間や絞り、が写真と対になって理解できるのは、技法解説としてとても正しく、素晴らしいと思う。
もうちょっと印刷がいいと良かった気もするが、そうすると高価い本になっちゃうのかな。

個人的には去年後半から、タイムラプス撮影にスローシャッターを組み合わせているので、とても参考になった。
タイムラプスって、1枚単位の話では無く、1枚1枚が、群となってひとつの映像に集約されるので、その1枚1枚の時間軸がどう描写されるかはとても重要だと思ってる。

Slow_4

Slow_5

さて、次はどこで撮ろうか。

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください