映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

彼女が彼と一緒にいるのは・・・コマフォト6月号

コマーシャルフォトとビデオSALON、の2013年6月号が相次いで届いた。
まずはコマフォトから読む。

Coma_photo_01

特集は、ラフォーレ原宿の広告 2001-2013
ファッション広告、という意味だけでなく、広告そのものに大きな影響を与えてきたグランバザールな(?)グラフィック広告の「21世紀」篇。

Coma_photo_03

個人的には東京のファッションをリードした(と言われる)ラフォーレ原宿には、まったく縁もないし、そこから発信されたファッションセンスにもピンと来ない。
だけど、ラフォーレのチームが発信したグラフィック広告の強さには、共感するしないを別にして刺激を受け続けたのをいまも強く覚えている。

Coma_photo_02

これらが10年以上前の広告なんだぜ。
まあ、自分の好みとは違う部分ではあるんだけど(^_^; そこはラフォーレがもともとワタシのような層を相手にしていないので仕方ない所。
がんばって、おお、と思わせ続けて欲しいなあ>ラフォーレ。

Coma_photo_04

世界の広告ベストセレクション、では、すかさずFrolicのビスケット広告。

一部で話題になっていたドッグフード(ビスケット)の広告で

Flolic

She’s only with him for his biscuits
彼女が彼といっしょにいるのは、彼がビスケットを持っているから

という身も蓋もないキャッチコピーがシャープで、写真の良さと相まって上手いなー、と思ってた。
いや、これって、やっぱ財力(ビスケット)かよ、って突っ込むトコじゃなくて、一緒にいる理由?ビスケットよ、って、微笑む美女犬とその横で舌を出してる不細工なわんこの愛情物語なんだと思う。
グラフィック広告は、見せるものであると同時に、読ませるもの、だよね。

Coma_photo_05

小ネタ?的には、モノブロックストロボとハンディストロボ、LEDを組み合わせたミニチュア撮影ページが面白かった。
ワタシも液晶を背景に撮るので(笑)これからはもうちょっと工夫すべきかなあ。

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください