映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

コマフォト 7月号でPhotoshop CC

コマーシャルフォト 2013年7月号が届く。

Comaphoto_7_01

表紙は佐々木俊氏(HMはRYUJI氏)
この表紙から想起されるように、特集は「ビューティ・フォト最前線」

Comaphoto_7_02

写真:八木規仁氏
ファッションフォトと似て非なる系譜にあるビューティフォトは(ワタシにとって)未知の世界なので興味深く読んだ。

そして大特集(?)がAdobe PhotoshopCC 進化の全貌

Comaphoto_7_03

全体の考察から、個別機能の検証まで、網羅的な特集記事。

ぶれ軽減機能の検証など、ワタシも自分なりに行っていたが、分かりやすく実例解説されている。

Comaphoto_7_04

現行CS6より拡大(アップサンプリング)時の処理が改善されたのがCCのウリのひとつだが、その操作ポイント等も紹介。
ディティール保持に効果が高いみたい。

他にも新しいCameraRAWはじめ、新機能の解説があるので、CCを迷ってるひとは読んでみて損がないと思う。

Comaphoto_7_05

そのなかに「Photoshop CC + MacBook Pro Retinaでレタッチ環境を構築した場合のメリット」という1ページがあり、MBPレティナ推し。
内容には微妙に?を感じる記述もあるが、確かにRetinaディスプレイ環境下でのフォトレタッチにはアドバンテージも大きいと思う。

Comaphoto_7_06

そして新ファームで遂にHDMIスルー出力が実装されたEOS 5D Mark IIIの検証記事。
これについては、似た内容の検証を、もう一段ローエンド方向で行った記事を来週発売のビデオSALON 7月号で書かせていただいているので、よければそちらもお読みいただきたい(^.^)

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください