映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

Mac Pro 受注開始に合わせてFinal Cut Pro Xも10.1へ

Mac Pro、今日の夕方から受注開始。
(昨夜は今朝からと思っていましたが、クパチーノあわせでしたね)

昨夜書いたブログ、うーん、読みが浅いというか、甘いというか、8コアの価格、想像より遙かに高価かったですね・・・。

Mac_pro_2

4コアを規準とすると、6コア(プラス2コア)でプラス4.5万円なのに(昨夜同様、アカデミック価格)8コア(プラス4コア)でプラス19.8万円。12コア(プラス8コア)でプラス34.65万円

メモリも16GBまでは順当な差額だけど32GBでプラス4.6万円(まあ、でもここは想定内)
SSDは256を512にするのに2.7万円はまあ、いいんじゃないかな。
GPUはD500がバランスいいところかなあ。

で、それにあわせるかのように、Final Cut Pro XがVer.10.1へ。

Final_cut_pro_x

いま、アップデート中(重い)けど、項目見ると、かなり本気のアップデートに思う。
インプレッションは後日

–ads–
というか、Amazon、この製品で、この写真は詐欺とはいわないけど問題あるんでは・・?
(Mac Pro本体ではないです。ご注意下さい)

Apple Solid State Drive for Mac Pro - 512GB MC731ZM/A
アップル (2010-09-10)
売り上げランキング: 46,468
コメント (1)
  1. hide より:

    私は昨日注文してきました。
    今はMacPro2008の2×3.2GHz Quadを使っていて
    今回注文したのは6コアのD700に変更で注文しました。
    正直8コアと凄く悩んだのですが、価格が微妙に高いのと4から5年
    6コアでも十分だと思ったのでこの構成で注文しました。
    FCPもCPUから切り離しデュアルで動くようになると言っていたのでGPUはD700でCPUに負担が減るので尚更6コアでいいと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください