映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、ワタシの興味関心の向く モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006  このblogはアフィリエイト広告等の収益を得ています。収益はすべてモノローグに役立つ無駄遣いに使わせていただきます。

ゼロ・グラビティとケスラー・シンドローム

久しぶりにIMAXへ。この冬、もっとも期待していたゼロ・グラビティ(原題:GRAVITY)を見るために。
うち、都内のハズなんだけど、どのIMAXシアター行くにも1時間かかるんですよね。

いや、もう面白かった。楽しんだ。わざわざ1時間かけてIMAXで見て良かった。
ただ、自分が悪いのだけど、こういう映画とは思わなかったってのも正直なところで。

以下、ネタバレ含むので、先入観持ちたくないひとや、好きな映画の悪口を聴きたくないひと(あ、ワタシも基本的にそうです)は特別映像の間にページ閉じて頂けると幸いです。

Zero Gravity Disco

Zero Gravity Disco

babamania
Amazonの情報を掲載しています
EMOTION the Best プラネテス DVD-BOX

EMOTION the Best プラネテス DVD-BOX

田中一成, 雪野五月, 折笠愛
13,000円(07/22 14:41時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメント (1)
  1. soramove より:

    映画「ゼロ・グラビティ」百億光年の孤独を感じる
    映画「ゼロ・グラビティ」★★★★
    サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー出演
    アルフォンソ・キュアロン監督
    91分、2013年12月13日より公開
    2013,アメリカ,ワーナー・ブラザース
    (原題/原作:GRAVITY)
    人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい←
    「予告編を見て帰りに前売を買って
    楽しみにしていた作品、
    宇宙で絶体絶命の状況…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください