映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

2013年回顧録

毎年、最終日恒例の 無駄遣い 購入機材回顧録ですが・・・。

2012年に大型の買い物が集中した(3月:EOS 5D Mark III、8月:インプレッサ、12月:iMac、EOS-1D C)(参考:2012年回顧録)せいで、さすがに一眼レフもMacも購入なし(Mac Proは発注したけど納品は1月予定だし)。

2013_camera

カメラ関係の中型案件としては、
年明け早々に買った EF24-70mm F4L IS (主要装備になりました)
レフではないけど一眼 EOS M ベイブルー(佇まいとシャッター音好き)
カメラというかガジェット リコーTHETA (全天球カメラの面白さ抜群)
機内持込可能な三脚 GITZO トラベラー (可搬性はとても大事)

一眼レフ買ってないって寂しい気もするけれど、撮った写真は増えているし、まったくもって正常でいいことなんだよね。カメラは毎年買い換えるようなもんじゃないし。
動画用としてはEOS 7Dに強く惹かれるものの、EOS 5D Mark III & EOS-1D Cのフォーメイション保有の身としては2014年もボディは買わない。多分買わない。買わないんじゃないかな。まちょっと覚悟はしている(笑)
いや、2014年はレンズかなあ。
いくつかリニューアルが期待されるレンズあるし・・・

G-Technology Assistant_01

Macこそ買っていないけれど、2012年はG-Technologyのアンバサダーに選んでいただいたおかげで、贅沢なストレージ環境のもと、さまざまな4Kムービーの実証試験を行えました。
ちょうどEOS-1D Cの導入とともにファイルサイズの巨大化、広帯域化が起きたタイミングだったのでとても有意義な体験でした。
ありがとうございます>G-Technology & HGST関係者各位。

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください