映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、ワタシの興味関心の向く モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006  このblogはアフィリエイト広告等の収益を得ています。収益はすべてモノローグに役立つ無駄遣いに使わせていただきます。

Photoshop 写真業界向けプログラム(今年も)延長

期間限定キャンペーン(のはずの)Photoshop 写真業界向けプログラム(月額1,000円でPhotoshop CCおよびLightroom5が使用可能)が、やっぱり、というべきか、再び延長。
今回はPhotoshop CS3以降の保有者という縛り条件が復活した(先日までは誰でも割だった)。

もう、何度目だろう、と思ったら、クマデジタルさんが数えてくれていた(笑)

Photoshop

いや、disるつもりはないんですよ。
PhotoshopCCもLightroom5も、本当によく出来たアプリケーションだし、CS6だったワタシも 、CCにするに値すると思ったし、LightroomもいまではApertureより使っている。
なによりPhotoshopはFinal Cut Proより起動する回数の多い唯一のアプリだ。
それに、月額1,000円が延長するのはユーザーにとってメリットであることには違いが無い。
その意味ではお薦めキャンペーンなんですよ、間違いなく。

なんだけどさあ、なんだろうなあ。このオオカミ少年みてるような気持ちは。

–ads–

RAW現像の教科書

RAW現像の教科書

桐生 彩希
2,950円(07/22 15:01時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください