映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

ワタシの使っているデジカメ用メモリーカード

先日、EOS R5ユーザーと話しをしたとき、メモリーカードはなにを使っている?お薦めは?と訊かれたのだけど、推奨を言えるほどいろんなメーカーのものを使っていないので、blogに書きますね、と逃げてしまったので、報告がてらエントリー。
ちなみにカメラはEOS R5、OM-1、RX100V、と大学のEOS R5C、EOS R3

EOS R5系は基本、動画をCFexpress、スチルをSDに割り当ててるので、CFexpressカードはSLCメモリのProGrade Digital コバルト(予備にSanDisk)。
高価いコバルトじゃなくてゴールドで良いのでは?と言われるけれど、2年前にEOS-1D X Mark IIIで試した時はプログレードデジタルのGoldがNGだったので、避けています。(今は大丈夫かも知れません)

逆にスチルは滅多に連写とかしないひとなので、信頼性があればここまで高価いカードは不要です。つい見栄で買ったSDXCのコバルト・・・。
タイムラプス用にはUHS-IIすら不要でトランセンドなども愛用しています。ただ、撮影時は高速なカードの要らないタイムラプスですが、カードからPCへの転送(バックアップ)時は、枚数が多いだけにUHS-IIと対応カードリーダーだと出先でかなりの時間短縮になるので、おいおいUHS-IIで揃えていこうかと思います。

とはいえ円安の影響でプログレードデジタルも値上がっちゃったし、悩ましいですよね。Angelbirdあたり、試してみたい気もします。
そういえば愛用するOWCからもCFexpressカードとリーダーが出ているはずなのですが、B&Hあたりでは売っているものの、国内ではまだ流通が始まっていないようです。なんでだろ。

–Ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください