映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

OWC DOCKか拡張ケースか:Amazonタイムセール

Amazonの特選タイムセールが始まっていて(月曜いっぱい)眺めていたら、愛用のMac mini M1用(いや、M1じゃなくても大丈夫と思うけど)Thunderbolt拡張ケース、OWC MINISTACK STXがセール対象になっていた。
同時に同じOWCのThunderbolt DOCKも出ていた。価格はほぼ同じ。どちらも持っているので、買わないけれど、薦めるならどっちかなあと考えた。

OWC MINISTACK STXは、ここでインプレッションを書いたように、MacとThunderboltで繋ぎ、Thunderboltポートを3つ増やす拡張ケース。Mac mini M1専用じゃ無くてThunderboltを持つMacなら使えるけれど、写真で分かるようにMac mini M1と綺麗にスタック出来るデザインになっているので、Mac mini M1とあわせて使いたい。
この筐体の中に3.5inchHDDベイとM2タイプSSDスロットがあるので、ストレージ拡張になるのも◎。

OWC Thunderbolt DOCKは、この時借りて試し、その後、購入して大学で使っています。
Thunderboltを分岐できるのでTBデバイスの拡張に好適かつカードスロット(SDXC対応)USB-A拡張もできる優等生型のDOCKです。DOCKとしての能力は MINISTACK STXより上です。
ただ、MacBook Pro等のノート型マシンと接続する想定らしく、ホストPCとの接続がフロントなので、iMacやMac nini等のデスクトップと組み合わせると、ケーブルマネジメントが美しくないのが個人的にイヤ(笑)

Mac mini と組むならMINISTACK STXが面一の一体感を含めベストなのですが、 MINISTACK STXにはカードスロットがないのが地味に痛いのも事実。デザイン的な一体感を多少失ってでも前面にカードスロットがあればパーフェクトだったと思います。

写真は同じOWCのThunderbolt PRO DOCK。今回のセール対象にはなっていないし、価格帯も上ですが、SDXCスロットに加え、CFexpressカードスロットを持ち、さらにEthernetポートは10GbとPROの名に恥じぬハイエンド仕様。ワタシんちではMac miniの拡張DOCKとしてMINISTACK STXと併用しています。これがあるとMac miniが10Gbネットワーク対応になるのも大きいです。
ただ、Mac miniとはスタック相性が最悪(下に置くと奥行きが足りず、上に置くと脚が落ちる)なのが残念なんですよね・・。

結局、Mac miniならMINISTACK STX、それ以外(特にノート型Macなら)Thunderbolt DOCKという凡庸な答えになってしまいました。すみません。。。ケースバイケース(片方はDOCKですが)ということでお許し下さい。

–Ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください