映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

ジッツオのナットロック型三脚

ジオングの整備兵がどう言おうとも脚は飾りじゃないと思っているので、三脚は重いのから軽いのまでいろいろ持っている。けど、ひとりで出かけるときは、マンフロットのCX190PRO4かGITZOのトラベラー GK1580TQR4 (ともに旧型)

Tripod_06

ジッツオのトラベラー三脚は軽いし、機内持込できるしいいんだけど、トラベラー系って、格納時に脚を反転させるのでセットアップと撤収時に意外と手間がかかる。
ちょこちょこ移動したいときはこれが面倒で、なんかいいの無いかなあと思い続けてはや2〜3年。

GITZO G-LOCK

ただ、いちどジッツオのナットロック式(G-LOCK)に慣れると、他社のナットロック式はうわー面倒、とか思うようになってしまう。
去年、ジッツオの親会社、マンフロットのメインストリーム 190シリーズに加わったナットロック式も期待したのだけど、残念ながらそこは大きな差があって、ジッツオは流石だなあという印象が残ったのみ。

でもさあ、ジッツオでトラベラーじゃない脚、というと同社のメインストリーム マウンテニアになって、さすがに高価いんだよなあ。
今年も堂々巡りに終わりそうで悲しい。

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください