映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

コンパクトなマクロレンズが欲しい

花や昆虫を撮る趣味はあまりなく(下手なんです、謙遜ではなく、本当にダメ)それでもマクロレンズは好き。
EF100mm F2.8L MACROは描写も素晴らしく、手持ちも可能な手ぶれ補正能力と相まって、ワタシのメインマクロレンズなんだけど、正直、カメラバッグに常備するには大きい。

EF100mm F2.8L

鉄壁の(?)レンズラインナップを誇るはずのキヤノンEFレンズだけど、実はコンパクトなマクロレンズがない。
いや、以前はEF50mm F2.5コンパクトマクロという等倍撮影は出来ないものの、コンパクトで精密な描写に定評のあるレンズがあったのだけど、3年前にディスコンになった。

同じキヤノンでも、EF-Sなら EF-S35mmF2.8 マクロが、EF-MならEF-M28mm F3.5マクロと、小型でユニークなマクロがあると言うのに、フルサイズ対応のマクロはない。
そこを突くかのように、シグマからカミソリマクロ 70mm F2.8 が出たのだけど、これ、シグマらしく手ぶれ補正なんて言う便利で軟弱な機能はついていないんですよね。

Mzuiko_digital_ed_30mm_2

そしたら、セカンドシステムであるオリンパス OM-DにはM.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macroという等倍どころか2.5倍撮影可能なコンパクトマクロレンズがあることに気がついた。
なんで買わなかったかというと過剰にOM-Dを充実させたくなかった(笑)のと、M4/3でF3.5はなあ、というのと。

OM1C2114

普段使いのED12-40mmがF2.8でそこそこ寄れるので、テーブルフォトくらいならそれで十分というのも大きい。

でも、普段使いにはこのくらいがいいんだよなあ。

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください