映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

MacPro内部RAIDの速度

こうして、MacProの内部ベイがすべて500GBのバラクーダで埋まった。
1台を起動ディスク兼通常のドライブとして。3台をRAID0に構築してビデオと画像ストレージに。

Img_8688

せっかくなので、バラクーダ1〜3台のRAID時のベンチマークをとってみた。
Xbench Version     1.3
System Version     10.5.2 (9C31)
Physical RAM     5120 MB
Model     MacPro1,1
Drive Type     ST3500630AS(Seagate)

シーケンシャルのリード/ライトは、3発でほぼ倍のパフォーマンス
ランダムのリード/ライトは、ほぼ台数に比例して速度向上か

Hddbench

参考に、MacProのTime Machine先に使ってるLaCieの外付けFireWire800 HDDもとってみた。
この製品、もう古い製品で、500GBだが、内部に250GBを2発積んだRAIDモデル。そのためか、FireWire経由でも、バラクーダ単発よりは速い数字を出している。

まあ、せっかく計測したので備忘録として書いてみた。

–Ads–

Barracuda 7200.10 SATAシリーズ 7200rpm 500GB Serial ATAII/300 3.5インチHDD【Seagate】ST35…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください