映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

原語(言語)の力

先日買った、The Rose 〜I Love Cinemas〜が、いい。もう何度どころか、何十回とヘビーローテーションされているが、飽きない。
表題作のThe Roseや、Calling Youが、囁くような歌声と共に流れると、いまもぞくっとする。

感情を抑えた彼女の歌声は、染みこむように流れ込んでくる。
そして、原語であることの美しさ。

The_rose

ああ、誤解しないで欲しい。ワタシはオリジナル原理主義者ではない。
歌は、言葉の力がとても大事だと思っている。
安易にサビを英語で歌い上げる和製ポップスには辟易とするし、コブクロや中島みゆき(って並べるのもどうかと思うが)といった日本の言語にこだわり、言葉を紡ぐアーティスト達はとても好きだし尊敬している(谷山浩子もそうですねー)。

でも、映画主題歌は違うんだよね(笑)。映画の中で、映像と一体となって届けられた歌は、その時の、「音」で聴きたい。
Calling Youは、とても切ない愛の歌だった。
あなたを呼ぶ声が届くだろうか、そんな想いでCalling Youを何度も聴いた。

–ADs–

 

コメント (2)
  1. MIKA より:

    これは、結構危険ですよ。

  2. SAIKA より:

    ぞくそくしますよねー、彼女の歌声。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください