映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

Time Capsule で出来ること

大学の個人研究室に無線Lanを飛ばしたいと思った。
iPod Touchが繋がるようになるし、来客時にも便利だし。
ソリューションは山ほどあるが、Macユーザーなら、まずはアップル製から検討だろう。

TimeMachineの保存先にもなることを考えれば、AirMacよりTime Capsule だろう。だが、これまでノーマークだったので、何が出来て何が出来ないか、よく分かっていない(^_^; ので、調べ中。
間違いや勘違いあれば、容赦なく突っ込んでいただけると幸いデス。

Timecapsule

・11b/gと11nの混在可能。かつ、同時使用時でのそれぞれ最適(?)な速度
・内蔵HDDはNASとしても使えるし、TimeMachineの保存先にもなる
(同時使用も可能?)
・TimeMachineバックアップはネットワーク経由なので、初回は非常に長時間
・TimeMachineからのシステム復元も同様。なのでちょっと「・・・」
・イーサケーブルで有線接続することで上記速度は大幅改善
・USBで(Macと)繋ぐことは出来ない
・USBポートにはプリンタもしくはUSB HDDを接続できる
・USB HUBを使って2つ以上の機器接続はできない?
・USB接続したHDDをTimeMachineの保存先にできるようだ
・その場合、初回と復元はUSBやFireWireで可能かも
・どこでも My Ma でアクセス可能だけど、たしか繋がらない例が多数だったような。。。いまは問題ないのかな

–ads–

コメント (4)
  1. H より:

    Saikaさま
    私、上記Time Capsuleのユーザーですが、USB HUBで複数の機器に接続しております。(プリンタ、iPod充電、HDDなど)ただ電力にもよると思うので、おそらく正式なサポートはないと思います。
    NASとバックアップの同時使用も可能です。
    ただバックアップボリュームは日々大きくなってゆき、いっぱいになると最も過去のデータを削除するので、NASとしては控えめなファイルサイズで使用するのがおすすめです。
    USB接続HDDもタイムマシンのバックアップには使用できます。
    ただあくまでAirMac Diskとして場所を設定するので、初回時にFirewireとかで直接接続、その後はTime Capsuleにくっつけとく、という使い方は出来ないと思います。
    ただ復元時には直接でも出来そうですねw
    どこでもMy Macはやはりケースバイケースです。
    少しでも役立てば光栄です!

  2. SAIKA より:

    うわあ、ありがとうございました!
    かなり不安点解消です
    USBで外付けHDDにバックアップ先を設定して内部ドライブをNASとして使うのがありかなという気がしてきました。
    ありがとうございました

  3. カワキタ より:

    カメラ、ビデオ、Macの事、いつもいろいろ楽しく読ませていただいております。
    >USB接続HDDもタイムマシンのバックアップには使用できます。
    >ただあくまでAirMac Diskとして場所を設定するので、初回時にFirewireとかで直接接続、>その後はTime Capsuleにくっつけとく、という使い方は出来ないと思います。
    私はできました。
    ちょっと裏技的な方法ですが…
    最初にAirMac Diskとして認識させて(Wi-Fiで)初回バックアップを開始>>1分程して、バックアップが始まる>>一旦バックアップ作業停止する>>USBで繋ぎ直す>>バックアップ開始>>初回バックアップ完了>>USBケーブルを抜いて、再びAirMac DiskとしてWi-Fiで認識させる。
    USBハブを使った複数の機器の接続もできています、外付けHDD2台、プリンタ、すべて正常に作動しています。

  4. SAIKA より:

    カワキタさん
    ありがとうございます。
    微妙にキケンな香りのする裏技。すばらしい!
    かなり実用になりそう。
    6月にハードでなかったら買おう。。・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください