映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

ジッツオから新型3Way雲台が(欧州で)出た。日本は秋。Gitzo GHF3W

マンフロット公式ツイッターのツイートで、ジッツオ(Gitzo)の新型3Way雲台が発売されたのを知りました(ただし、ヨーロッパのみ、日本は秋)。

Gitzoの脚はマウンテニア GK1542-82QDをメインに旧トラベラーの雲台をアルカスイス互換に換装して使っています。ボールヘッドはスピーディでコンパクトなのはいいけれど、正確に画角決めるのに手間取る。ビデオ雲台は持ってるけれど、大きく重くなるのとプレートがビデオ用のロングプレートになるので(スチルでは)使いにくい。そんなときに上記のツイート。

日本のジッツオWEBには載っていないので、comのページで見てみると(以下の写真と図版はすべてhttps://www.manfrotto.com/gitzoより。)

GITZO GHF3W_01

GITZO 3 Way Fluid Head GHF3W
フルードヘッドで、ハンドルは伸縮型で運搬時にコンパクト。現行型のジッツオ3Way雲台、G2272M, G2271M, G2270M, G1570Mのすべてをリプレイスする後継モデルと書かれています。
(使用例ではニコン推し、しかもZ7)

GITZO GHF3W_02

PANノブは現行型のボールヘッドと同じようなデザイン。重量は955gと仕様にあるので、ワタシのマウンテニアに付いているボールヘッドGH1382QD(500g)のおよそ倍。
ちょっと重く感じるけれど、ワタシも持ってるマンフロットの3Way雲台 XPRO 3way head(1,000g)より軽いんですよね。驚き。耐荷重も上。で、アルカスイス互換なので買い換えたい気分は大きい(懸念は後述)。

GITZO GHF3W_03

水準器は縦位置撮影にも対応出来る構造。

GITZO GHF3W_04

現行型のジッツオ雲台もともにアルカスイス互換プレートですが、マウンテニアのボールヘッドGH1382QDはクイックプレート着脱がスクリューノブ、このGHF3Wはレバーです。

GITZO GHF3W_05

さらにこのクイックプレートホルダー部分がレバー操作で90°方向を可変するようで、運用性もかなり良さそう。
問題は幾らくらいか、ってことで、上記comのページには値段が書いてありません。が、英国のサイトに£439.55とあります。今日の円レートで6万円強。英国でGH1382QDが£357、日本で希望小売価格61,500円、マンフロットストア価格52,000円ほどなので、そのレートを考えるともう少し高価い感じでしょうか・・。さすがに悩むな(笑)欧州では発売済みだけど、日本では秋。クールダウンしないと危ないデスw

–Ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください