映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

HONDA 新型フィット クロスター : 東京モーターショー2019

自分の世代はホンダと言えばプレリュードに代表されるデートカーもといスペシャリティカー。
つまり「カッコイイ」クルマのメーカーのイメージなのだけど、現在はN-BOXを筆頭に軽自動車が中心の(実際、販売の半数は軽)メーカー。
東京モーターショー2019でいいじゃんと思ったのは次新型フィット(FIT)。そのなかでもクロスター。

HONDA FIT CROSSTAR_01

HONDA FIT CROSSTAR_04

程よくかわいい。
フィットは友人が乗っていたり、小豆島旅行や沖縄でレンタカーとして借りたり。
全長4メートルを切るので、フェリー料金が1クラス安いのはメリット大きいし、ひとりで走る分には充分以上の走行性能(車体が軽い分、XVより出足快適)だし、まあ、4人乗ってカフェくるくまへの坂道はちょっとキツかったけど。

HONDA FIT CROSSTAR_02

次のフィット、サイズ等の仕様が出ていない(よね?)ので、これで4m未満なのか、サイズアップしちゃうのかはよく分からないけれど、ころんとしたフォルムは現行型より好きかな。
ただ、現行型は営業車としても多いと聞いているので、これが営業車として受け入れられるのかはよく分からない。

HONDA FIT CROSSTAR_03

にしても新型FITは5タイプもある。ベースを共通化してバリエーションで守備範囲を広くという考え方なのだと思うけれど、機種を増やしすぎたパソコンみたいにならなければいいけどな。

そのうち、またレンタカーで借りてみたいクルマでした。

HONDA FIT CROSSTAR_05

あ、ちょうど車検に近かった友人は、現行FITの叩き売り営業にあったらしい(笑)

–Ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください