映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

DIME付録の900円デジタルはかりを試す

先日書いたDIME ダイム 7月号が届きました。
900円(税別)の雑誌に、0.01g単位で計量できるデジタルスケール(はかり)が付録になると言うやつ。

DIME_digitalscale_01

最初はクレーンゲームの景品のような玩具まがいのものかと思ったら、知人の方が「仕事で使っている(いた)ヤツと同じだ」とコメント頂いたので、期待たかまっていました(期待にかけてスカイワンの機体を載せてみました)

DIME_digitalscale_02

ボール紙の箱にビニール梱包。取説もパッケージもない簡易包装の極み(褒めてます)。
ついでに電池もついてきません。(単4 x 2本必要です)

DIME_digitalscale_03

透明のプラカバー蓋にDIMEのプリント。サンプル写真には無かった工程が加わっています(笑)

DIME_digitalscale_04

元ネタというかオリジナル製品はSimerst社の製品だと思うのですが(Amazon等で売ってるけど会社のWebは見当たらない)配色が異なります。
作りは(わたしに届いた個体は)電池カバーにバリが残っていたり、さすがにチャチな部分がありますが、普段使いには充分な普通さを醸し出しています。

DIME_digitalscale_05

ホントに0.01g単位で計測してくれます。精度は不明ですが、3.75gとされる5円硬貨は3.74g、4.8gとされる百円硬貨は4.80gと表示されましたので、事務機器として実用十分と思います。(事務とジムをかけてみました)

DIME_digitalscale_06

常用するF-Fotoの名入れシューカバー(メタル)は2.47g
余談ですがこのシューカバー使うと、何人かで同じようなカメラ持ち寄った時もすぐ自分の機体がわかるので実用性も高いです。

DIME_digitalscale_07

ワタシの知る中で最もコンパクトで軽いアルカスイス互換スマートフォンマウントアダプタ、ピークデザイン。は12.39g。汎用三脚穴を持ち、手軽で安くて丈夫なマンフロット MCLAMPは27.42g。倍以上も重い、のは確かです(差は15gですけどね)。

DIME_digitalscale_08

という訳で、普段は郵便物の重さを量るくらいが現実かも知れませんが、990円(税込)で買ったデジタルスケールとしては超優秀だと思いました。ちなみに元ネタと思われる製品は電池付属です。

–Ads–

DIME (ダイム) 2020年 7月号 [雑誌]

DIME (ダイム) 2020年 7月号 [雑誌]

500円(06/06 12:35時点)
発売日: 2020/05/15
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください