映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

iPhone 4からアップするとHDではない

iPhone 4は、1280x720PのHD動画撮影が可能だ。そして、iMovie for iPhone は、iPhone 4内でそのHDムービーを編集可能だ。
だが、そうやって編集してYouTubeにアップロードしても、HDになってない。って、よく聴く。
iMovie for iPhone がダメだとか、解像度を落としてるとか、いうコメントも見るが、ノン、である。(なんでフランス語なのかとか、突っ込まないでください)

Img_1400

iPhone 4撮影のオリジナルファイルは当然1280x720
iMovie for iPhone で編集し、カメラロールに書き出したファイルも1280x720
(だだし、書き出し時にサイズ変換は可能)
カメラロールからYouTubeにアップロードすると480x270
そう、iMovie for iPhone ではなく、iPhone 4からYouTubeにアップロードするときの仕様がSD以下なのだ。

iMovie for iPhone で編集。カメラロールからYouTubeにアップロードしたもの

iMovie for iPhone で編集。カメラロールからMacに同期し、MacからYouTubeにアップロードしたもの。

ので、iPhone 4でHD編集は完パケてもいいけど、そこからのアップロードは速報扱いにして、後日、Macから再アップロードするのが正しいと思う。

–ADS–

iMovie – Apple Inc.

コメント (2)
  1. ebichan2000 より:

    Pixelpipeというアプリを使うと
    iPhone4からYOUTUBEに直接
    720pHDがアップロード出来ます。
    純正以外のものを使う事になりますが。

  2. SAIKA より:

    はい、仰るとおりです。
    今回は、すっぴんの(?)iPhone 4で記事書きましたが
    次回は各種の画像処理アプリも含め、APPの世界、に拡げたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください