映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

iPhonegrapher―写真を撮り、歩き続けるための80の言葉

東京駅から歩いて5分ほど、趣のある小料理屋が点在する京橋のIsland Galleryに、三井公一氏の写真展「iPhonegrapher ~around the water~」を見に行った。
2ヶ月前、新宿 epSITEで開かれた氏の写真展、iの記憶(そのときのブログ)の別バージョンかと勝手にイメージしていたが、まるで違っていた。行って良かった。
新宿に行かれたか方も、再度行って後悔しないと思う。今度の日曜(15日)まで。

そしてその数日後、amazonから三井氏の写真単行本「iPhonegrapher―写真を撮り、歩き続けるための80の言葉」が届いた。
iPhone で撮られた、それでいて「iPhone なのに」というエクスキューズを必要としない写真と、短い言葉で綴られた本。

Img_0131

三井氏ほどのフォトグラファーであっても、歩き続けるために言葉を必要とするのか、(いや、勝手な解釈です)。
本人の、あるいは過去の人々の、たくさんの言葉が幾重にも埋められた本だが、それでいて、実はこの本には、前書きも後書きもない。
三井氏自身、会っていても、いっしょにご飯食べていても、あるいはtwitterで絡んでいても、自分語りはほとんどしない人だ。
その彼の文章は、(巻末のiPhone 撮影のショートレクチャーを除くと)

外に出よう。

街を歩こう。
昼も夜も。

にはじまり、

死ぬまで歩こう。

さすらうのだ。

で終わっている。
歩き続けること、それが彼のテーマなのだろうと勝手に思う。
sasurau それは彼のtwitterネームでもあり、個人事務所の屋号でもある(はず)。

Img_2204

Island Galleryを出て、二重橋まで歩く頃には、すっかり暗くなっていた。

エクスキューズのない表現で生きていきたいと思った。

–ads–


コメント (2)
  1. iPhonegrapher 〜around the water〜 w/美しすぎる店長
    先月、新宿のエプサイトで開かれたiPhone写真展「iの記憶」のエントリーにコメントを頂いていた写真家三井氏の別の個展の件、どうも「新宿に行かれたか方も、再度行って後悔しないと思う」というので、行ってみた。場所は東京メトロ銀座線の京橋駅7番出口から徒歩2分。また……

  2. エンジニア系の職務経歴書 より:

    とても魅力的な記事でした!!
    また遊びに来ます!!
    ありがとうございます。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください