映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

Drobo到着。だが・・・

と、このような経緯でしばらく借りていたDrobo。原稿は次号のビデオSALONとコマフォトに掲載されるので、ここではDroboレポートは(しばらく)書きませんが、多少のマイナス面には目をつぶり(マイナス面は原稿にきっちり書いたので興味ある方はそちらを)、自腹でオーダー。
・・というあたりで、ワタシの総合評価は分かるかと思いますが。。

Drobo_01

段ボールを開けると、最上段に同梱物の入った箱。
Welcome to the World of… とひっぱり、その箱を開けると

Drobo_02

黒い内蓋にdroboの文字。
こだわってます(笑)アップルのようなセンスを感じるわけではないが、気概は十分感じます。

Drobo_03

箱を取り除くと、黒いロゴ入り布袋にくるまれた本体。
段ボールの内側だけでなく、緩衝材としての発泡スチロールまで黒く塗ってるところに、なみなみならぬ気概は感じる。
さて、その気合いに応えてさっそく運用。。。とはいかない。

Drobo_04

droboはあくまでHDDケース。
購入状態ではドライブレスなのだ。
RAIDはショップブランドを別にすればHDD組み込みで売ってる場合がほとんどだが、droboは基本、ケース売り。余ったHDDでも使えるのがdroboの特徴のひとつだし、HDD組み込みでない分、初期導入コストは高価くないけど、HDDの入っていないdroboはコアファイターのないガンダムみたいなもの。
発注していたベアドライブが届いてないんです・・・_| ̄|○

玄光社ストア(アフィリエイトではありません)–

–ads–

Comment (1)
  1. takanok より:

    HDDは、マチルダさんが届けてくれますよw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください