映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

HGSTの7200rpm/2TBは2種類ある

Macお宝鑑定団ブログの記事「Amazon、日立グローバルストレージテクノロジーズの3.5インチ内蔵HDドライブ2TBモデル「0S03191」をX,XXX円で販売中」を見て、思わず購入。
MacProはすでに4発ともHGSTの7200rpm/2TBがベイを埋めているし、Droboのドライブは静粛性を優先してSeagateの5900rpmのバラクーダ グリーンを入れているので、実は入れるベイがない(笑)衝動買いはダメダメの見本みたいな状態。

ところで8千円台のAmazonに対し、秋葉原だと6千円台の店頭もあるが、注意したいのはHGSTの7200rpm/2TBは2種類あるということ。

Hgst

もっと詳しく言うとHGSTのDeskstarはかなりの型番に別れているシリーズだが、このなかで2TBをラインナップに含むのは、7K30007K2000。この両者はSATAインターフェイスが6Gbと3Gbの違いがある・・・・のだが、リテールパッケージには型番記載がないのだ。6千円台で流通しているのは旧世代の7K2000。
パッケージには7K3000/7K2000の記載はないが、この両モデル、7K3000はキャッシュが64MB、7K2000は32MBで、それはパッケージ上に記載があるので見分けはそこで。
(ちなみに両者はアイドル時の消費電力にも違いがある)

まあ、現行のMacで6Gbの恩恵があるかといえば?だし、RAIDを組む場合、キャッシュってどう効くのかワタシにはよくわからないので(詳しい人がいたらご教授いただければ嬉しい)、7K2000でいいじゃん、って発想はありだと思うが、確認して買う場合の参考までに書いてみた。
–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください