映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

TD1の3D写真、拡張子MPOをMacで読むには

ビクターTD1を借りたのはいいが、3Dムービーのハンドリングに苦慮する今日この頃、皆さん、如何お過ごしでしょうか?
さて、3Dムービーファイル(MVO)をMacで扱うときのアプリ別ハンドリング状況は先日書いた通りだが、今日は3Dの2Dファイル、いやいや、誤解を招くな。立体視静止画ファイル、拡張子MPOのMacでのハンドリングをレポート。

Td1

13542-282-234377

なお、ビクターTD1の3D静止画ファイルであるMPOはMulti-Picture Formatの略で、2009年2月に社団法人 カメラ映像機器工業会で規格策定されたものらしい(ここからPDFを入手できる。CIPA DC-007が該当規格)。いま、いきなりの値下げで話題沸騰の任天堂3DSでの写真規格でもあるらしい。

Mpo_01

MPOファイルはAdobe Bridgeではサムネイルすら表示できないが

Mpo_02

Exifにはレンズや機種名がちゃんと表示される。

Mpo_03

でも、Photoshop(Ver.5.1)では開くことが出来ない。

Mpo_04

Finderでもサムネイルは表示されないが、Quick Lookでは内容が表示できた。

Mpo_05

Mpo_06

ので、拡張子MPOをJPGに書き換えてみると

Mpo_07

じゃん
お、(モデルはBMWのZ4のハズだったのですが、しょういちさんに・・)と言うわけで、拡張子を書き換えれば左目用ファイルを抽出可能。

Mpo_08

ただし、TD1は3D写真撮影時に、自動的にJpegファイルも生成するようで、全く同じ写真がJPG拡張子で保存済み。(左のPIC_0028がもとMPOをJPGに書き換えたもの)
ので、このTIPSを使う必要はなさそう。

Mpo_09

ちなみに、MPOファイルのイメージはこんな感じ(写真はイメージです)

Mpo_10

MPOから書き出した静止画

Mpo_11

これも
なかなか、使えるスチルが撮れるTD1である。

–ads–

13542-282-234377

ニンテンドー 3DS STORE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください