映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

iPhone 4Sケース リプレイスしよう

iPhone はハダカで使うのが一番美しい、と思うものの、小市民なワタシはついケースを装着してしまう。
いまでは100円ショップの安物から、1万円オーバーの高級品まで膨大な選択肢があるiPhoneケースだが、意外と琴線に触れるものは多くない。

Iphonecase_01

そのなかでワタシが気に入っていたのが、Deff社のCLEAVE ALUMINIUM BUMPERだが、昨年秋、コンクリ地面に落とし、iPhoneを守るというバンパーの本義を全うしたもののフレームが微妙に歪み、引退した。

Iphonecase_02

で、それまで使っていたブッテーロレザー貼りのケースに戻していたのだが、保管が悪かったのか美しいグリーン地が黒ずんでいた。
経年変化かなあとか思いつつ、使っていたら

Iphonecase_03

こんどはエッジがボロボロと剥がれ出した。

Iphonecase_04

う〜ん、これ、使っていなかったときの保管に問題があったのか(引き出しに放り込んでいた)、それともプラのベースに貼り合わせるケースではこういうものなのか、判断できない。
・・・ので、買い直すのも躊躇う。
(これ自体は好きなので、お薦めには違いないのだけどね)

という訳でiPhoneケースのリプレイス決定。

カラーバリエーションが豊富になり、リミテッド版もでた CLEAVE ALUMINIUM BUMPERか、はたまた別の選択肢か、続報を待て(マテ、これ、前振りで終わり?

–ads–

Deff社のCLEAVE ALUMINIUM BUMPER 公式ショップ

イタリアンレザーiPhoneケース@公式ショップ

Deff CLEAVE ALUMINIUM BUMPER @amazon

コメント (1)
  1. macchan より:

    SAIKAさんの購入記事に触発された、
    私のホワイトアーマードiPhone4S・笑。
    落とすと終わるというところでも、啓示を受けております。
    さて、お次はどのような選択か、興味津々です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください