映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

マンフロットのテーブルトップ三脚でEOS-1D C

先日、EOS-1D C使ってて、あ、三脚欲しい・・と思ったけど、三脚は持っていなかった(正直、三脚は持ち歩くのがシンドイので普段は持ち歩かない)
諦めて床置きして小物で角度付けて。。。と思ったら、バッグ(URBAN DISGUISE)の側面ポケットに、マンフロットのテーブル三脚(NEX-5Rでのレビュー)が入れっぱなしだった。
いやさすがにEOS-1D Cではどうかな、と思ったけれど、つけてみたら

マンフロット_1

大丈夫だった(笑)
EF24-70mmF4Lつけても前のめりになることもお辞儀をすることもないのは、ちょっとびっくり。

マンフロット_3

EOS-1D C 重量(このときの実測)1557g 、EF24-70mmF4Lが公称600gなので、ストラップやフィルタを勘案すると2.2kg程度?
マンフロットのテーブルトップ三脚の耐荷重は公称2kgだからちょいオーバーだけど、あぶなっかしさは無し(保証はしませんが)

エクステンションポールを使ってないのもあるかなあ。さすがにあのポール付けて安定するとは思わないので、ほとんど使ったことはない(いま、どこにいったのかも謎)

マンフロット_2

ちなみに同社には、これと見た目は似てて、ポールのないテーブル三脚グレーというモデルがあるが、かなり違うので一眼ユーザーにはお勧めしない。

マンフロット_4

EF24-70mF4Lを最大に繰り出した状態、つまりマクロモード時でもちゃんと立った。
ずごっく素晴らしいと思う。

マンフロット_5

という訳で、ポール無しなら僅か250gに満たないのに、実用性の高い常備オプションパーツとしておすすめです。
問題は他のテーブル三脚に較べちょっと高価いことなので、マンフロットはエクステンションなしで、その分、価格を下げたキットを出して欲しいなあ、と。
そしたら鞄常備用にもう1本買う(笑)

-ads-

Comment (1)
  1. Manfrotto 209,492LONG テーブルトップ三脚キット
    SAIKA先生が価格以外は絶賛し、Virgoさんが一触即発で買いそうな「manfrotto 209,492LONG テーブルトップ三脚キット」を買ってみた。
    ネットでポイント放出で買おうと思ったのだが、どこの ……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください