映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

EOSの電源スイッチ位置

初めて使ったカメラはキヤノンのA-1で、その意味では銀塩アナログ時代からと言ってもいわば最初っから電子制御のカメラにおんぶにだっこだった訳だなあと思う。
そして初めて買ったカメラがT90、これもA-1同様、当時のキヤノン電子技術の粋を集めたもので、電池が無きゃシャッターレリーズも出来ない。当然、電源スイッチがある訳だが、A-1は上面だったが、T90はボディ背面下部。

EOS-3、EOS 40D、EOS 5D Mark IIと、いまも保有するカメラはみな、ボディ背面下部に電源スイッチがある。(手放したD60や10D、は違ったはず)

EOS-1D C_07

最新の保有カメラEOS-1D Cは、EOS-1D Xと外観はほぼ同じなので当然ボディ背面下部(よりも少し上なんだよね、1系は)

EOS 5D Mark II_07

EOS 5D Mark IIはボディ下部だったけど、7Dはモードダイヤルに電源スイッチが移動

EOS 5D Mark III_02

EOS 5D Mark IIIも7D同様にモードダイヤルに電源が移動した

EOS 5D Mark III買った当初は、EOS 5D Mark IIと違って面倒だなあと思った反面、まあ、慣れだよね・・と使ってきたのだが。。。

EOS-1D C_06

EOS-1D Cでふたたびボディ下部へ

ええええ・・・すみません、そう器用じゃないんです、ワタシ・・・
という訳で、併用するとちょっと戸惑っているわたしです(笑)

–ads–




Comments (2)
  1. 匿名 より:

    1D系は縦位置で電源をオンにする需要を踏まえてなんでしょうね
    5Dだと縦グリ付けない方はすぐに手を伸ばせる位置に電源ボタンあったほうがわかりやすいですし・・・

  2. SAIKA より:

    はい、そう思います。
    ホールドしたまま、個人的には右手親指でオンに出来る背面が好きデスが。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください