映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

バスパワーのUSB3.0HUBで動く機器、動かない機器

iMacにUSB3.0 HUBを買った のエントリーで書いたように、USB3.0のHUBはバスパワーが主流になってしまったみたい。
ので、iMacにはバスパワーのUSB3.0 HUBであるバッファローのBSH4U20U3 を買った

USB3_HUB_01

USB機器が繋がると青いランプがポート毎に点灯するのは結構便利。
このランプはUSBケーブルだけでは点かず、カードリーダーとかiPhoneと言ったデバイスが繋がると点灯する。

USB3_HUB_02

で全部にデバイスを繋いでみた。その結果、
USB 3.0カードリーダー ◎
iPhone 5 ◎
iPad 2 ◎
Apple USB SuperDrive ×

Finder001

そう、Apple USB SuperDriveは電力が足りないとしてはねられる。
(もちろんiMacに直接繋げば正常に使える)
ただし、このApple USB SuperDriveは、MacBookAirと同時に購入したものなので、現行製品とは仕様が違う可能性も有る(そこは未確認)
とりあえず、うちのBSH4U20U3ではダメだった。

USB3_HUB_03

4ポートにフルにデバイス接続しているせいかとも考え、

USB3_HUB_04

他のデバイスを外してApple USB SuperDriveのみ繋いでみたが、やっぱりダメ。
BSH4U20U3の供給するバスパワーでは動かないみたい。

USB3_HUB_05

ちなみに、Thunderbolt/USB3.0 ポータブルHDDであるバッファローのHD-PATU3 および HGSTのTouro Mobile MX3は両方ともOK.
直接接続時とUSB HUBを介したときで速度差があるかと測ってみたが、ベンチマークソフトでは差が無し、簡易コピーテストでも測定誤差以上の差は無かった。

絶対的な速度を求めなければ、USB3.0はいい仕事をしてるな、って印象。

–ads–

コメント (2)
  1. えぎょ より:

    Apple USB SuperDriveはかなりの電流を必要としていて、一般的なHUBから給電される電力では足りないようです。確か裏面にアンペア数って書いてありませんでしたっけ?
    不用意につなげるとHUBの認識がおかしくなって、USB 3.0 (5Gbps)でリンクアップしなくなってしまいます。これもシステムプロファイルで確認できるはず。

  2. SAIKA KAZUHIKO より:

    ありがとうございます、1.5Aの文字が見えますね
    HIUBは大丈夫でした(ほっ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください