映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

iPhone用真空管アンプケース 今日発売

カメラも、オーディオビジュアルも、Macも、どれも沼みたいなモノで(笑)際限が無い。
幸いにして?カメラも映像もMacも、仕事となったのでそこに経費という名のお金をつぎ込むことに一定の名目はたっている(笑)が、そのなかでもう数年来、事実上凍結しているのがオーディオ趣味。
いや、音が映像を支える、いや、音と画、あって映像、なのは間違いないんだけど、奥が深くてもサイフの底は浅いのだ。

そんななか、今日、SUPER CLASSICから発売が始まったのが、iPhone用真空管アンプケース ELEKIT x abrasus

iPhone用真空管アンプケース_01

iPhoneを主要な音源に想定したポータブルタイプの真空管ヘッドホンアンプがELEKITから発売されたのだが、その専用革ケースである。

iPhone用ヘッドホンアンプは、以前、オーディオテクニカのAT-PHA31i を使っていたが、結局、使うのを止めていた。
ワタシにはオーディオを語るほどの耳も蘊蓄もないんだよなあ、と思っていたが、ひらくPCバッグ小さい財布でご縁のあるSUPER CLASSICの新製品が、なんとELEKITの真空管ヘッドホンアンプ専用のケース・・・。

iPhone用真空管アンプケース_02

という訳で、今日発売の製品をモニターさせて頂くことになった。

いや、身の程知らずだろって、ご指摘は甘んじて受けますが、とはいえ、こんなチャンスをお断りするほど、ワタシは人間出来てないのです(笑)

という訳で、レビューは後日。
もちろん、自分のオーディオ製品評価能力を棚に上げて、自分なりの評価もするし、1万円の革ケースという、これまでにないキャリングケースについても、思うことを書くつもり。

iPhone用真空管アンプケース_03

とりあえず、発売日に、モニター開始のごあんないまで

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください