映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

FCP用キーボードカバー

実はMacProを発注したとき、発注翌日に一度キャンセル、再発注した。付属キーボードをJISキーボードから英語キーボードに変更したためだが、その理由がコレ

Kb_cover_1

KB Cover Final Cut Pro / Express Keyboard Cover for Apple Keyboard を、ご厚意で頂ける話になり、これが英語キーボード仕様のため。
(旧キーボードの英語仕様は持ってるけど、現行型はJIS型しかもってない)

Kb_cover_2

シリコンゴム(?)の柔らかなカバーで、Final Cut Proのキーボードショートカットが色分けされてプリントされているもの。
AVIDの純正(?)キーボードっぽいカラーキーボードが作れます。

Kb_cover_3

昔(確かFCP2の頃まで)FCPにはキートップシールがおまけで付いてきたと思うが、使ってるうちに剥がれてしまうなど、イマイチだった(写真左)。
しかも、剥がれた後に残る接着剤が指先になんとも不快だったし。
この製品はキーボードカバー一体型ゆえ、剥がれの問題はない。

Kb_cover_4

メーカーページよれば熱溶着プロセス印字で長期間、文字が摩耗してかすれたりしないらしい。水洗いできるとも書いてあるが、試してはいない。
JKLキーとか、In,Outなんかは体が覚えていても、普段使わないショートカットがわかるのは便利。

Kb_cover_5

キータッチは微妙。もともとワタシは現行キーボードのタッチがあまり好きじゃないので旧型を使っている(旧型だってそれほど好きじゃない。ただ、変換アダプタかましてまで、パイオニアADBキーボードを使い続ける気がなかっただけのことだ)。
シリコンゴムのせいで、タッチ感はやや向上したようにも思うが、時折、指とともに浮いてくる感触もあり、一長一短(どっちもどっち ともいう)。

Kb_cover_6

ちょうどいま使ってるディスプレイ(検証機)が黒ベゼルなので、いい感じ。
色つきキーボードはオモチャっぽい見た目がいやなのだが、これならOKか。

キートップに印字したサードパーティ製FCPキーボードもあるけど、かなり高価い。
これは40ドルなんで、いっぺん試してみるにはいいんじゃないかな〜

ただ、店頭流通はしてないっぽい。
調べた範囲では、加賀電子のImaging-parkが、個人向けオンライン通販しているくらい。
なんか期間限定の予約販売になってるなあ。
PhotpShop用も買っておくかな〜、ちょっと悩む・・

コメント (7)
  1. むりむり より:

    パイオニアのキーボード!!
    これまた懐かしい。
    男のキーボードって感じの打鍵感が良かったなあ・・・
    最近のはヤワですからね〜(慣れましたが・・・)

  2. SAIKA より:

    むりむりさん
    覚えてらっしゃいますか
    あの互換機は時代のあだ花とはいえ、Genesis MPとか、面白い互換機も出たんですよね〜
    パイオニアのキーボードは2つももってました・・

  3. むりむり より:

    素晴らしい時代です。
    あれこそカオスでしたね〜
    GenesisMPにMEDIA100が最強!なんて時もあったっけ・・・

  4. 吉野雅春 より:

    Imaging-Parkを運営しております吉野と申します。KBCoversの掲載ありがとうございます。この製品は現在、Imaging-Parkのみで販売しております。是非、お知り合いの方にも
    お勧め頂けますと幸いです。これからも良い製品をお届けできる様、スタップ一同、がんばっていきます。またのご利用をお待ちしております。

  5. LOVE AVID より:

    初めまして。
    FCPのショートカットのシールを探していました。
    無いんですね…折角のカバーも英語とは。。
    でも、良い情報でした!

  6. SAIKA より:

    LOVE AVIDさん
    初めまして。AVIDだとちゃんと純正でついてくるのにねえ〜、です。
    しかもKB、アルミに変わるし・・・

  7. SAIKA より:

    吉野様
    あ、すみません、コメント見落としていました。失礼しました。
    純正キーボードのデザイン刷新で、この製品がどうなってしまうのか、不安です〜
    買っといた方がいいですかねえ?いまのうちに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください