映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

機内持込可能な三脚は

軟弱な性格なので、旅行時に重い荷物は極力持ちたくない。それでも、MacBook Pro(以前は持ち運び重視でAirを使っていたが、自分の用途ではやはりProが必要だった)にEOS 5D Mark III(場合によってEOS-1D C)が基本になってしまう。
レンズも厳選、三脚はテーブル三脚で・・と日和っているが、旅行先やホテルからの眺めが期待できるとタイムラプス撮影したいのが性分。

そうすると、それなりの脚と(自分的には)ギア雲台が欲しい。

sea & EOS-1D C

ワタシのタイムラプス基本セット。
マンフロットCX190PRO4(ホントは190CXPRO4-M0Q2Bの脚部分)とギアヘッド 410

CX190PRO4は(雲台を外すと)縮長50cmで国内線の機内持込サイズ:3辺の和が115センチ以内(かつ55cm×40cm×25cm以内)に収まるけれど、内寸50cmでかつ外寸55cm以内のバッグは、探した範囲ではカメラバッグにもスーツケースにも無いように思う。
(見落としはあるかもです)

うーん、これは機内持込を諦めてスーツケースにCX190PRO4ばらして入れる?
大きなスーツケースは現地での機動力を落とすから避けたいんだけどなあ。

–ads–

Comment (1)
  1. 元コーナンboy より:

    各航空会社とも、三脚については畳んだ状態で60cmを超えるものについては機内持ち込み禁止のようですので、三脚単体またはスーツケースに入れずにカメラバッグの外側に取り付けするならば機内持ち込み可と思われます。
    カバンorスーツケース+三脚くらいは機内持ち込みで迷惑にならない程度と思われますし。
    または機内持ち込みできる大きさのスーツケースの中に斜めに…(^_^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください