映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

ScanSnap Evernote Editionの質感

AUGM(Apple User Group Meeting)TOKYO 2013にはPFUも出展し、ScanSnap(IX500と話題のSV600)を展示していたが、iX500のEvernote版、ScanSnap Evernote Editionも展示されていたので主に違いをチェックしてきた。
(両者は共同プロモーションを行わないらしいので、これが並ぶことは滅多になさそう)

Scansnap_evernote_1

ScanSnap Evernote EditionはScanSnap iX500の外装を変更し、Evernote最適化アプリを搭載したOEM版というか特別仕様と思っていたが、半分正しく、半分間違いだった。

Scansnap_evernote_2

ハードウエアとしてはIX500と同じだが、外装がグレーのラバー(塗装?)。明らかにIX500より見た目、質感、蝕感、ともに上(PFUさんごめんなさい)

Scansnap_evernote_3

ランプ部分、IX500のほうが周囲にセンサー等ありそうだけど、そんなことはなく、ランプ周囲のブラック部分はただのデザインらしい(笑)
ハードウエアとしては同じなら、ScanSnap Evernote EditionはIX500 + evernote専用アプリかと思ったら実は違う。

Scansnap_evernote_4

PFUの方にも確認したが、IX500のアプリでScanSnap Evernote Editionを動かすことはできないそうで、両者は同じハードウエアのうえに別のソフトウエアが載った「違うもの」ということ。

うーん、そうすると、イマのワタシにはIX500のほうが明らかに向いているんだよね

-ads-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください