映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

コマフォト12月号

コマーシャルフォト 2013年12月号が届く。号数表記では2013年も終わりだ。
表紙および巻頭は、フォトグラファーデュオ、SEAN + SENG

_01

なんだろう?ワールドワイドではフォトグラファーデュオが流行ってる?
確かに、個人を超えた大きなフレームを見せつつ、その大きさがプロダクション的な共同作業では無く、もっと密な感じがするのがデュオの強みかなあと思いつつ。

_02

松任谷由実もコラボ的世界観で戦うのか。。と複雑な思いで見た松任谷由実×森本千絵×レスリー・キーによる「POP CLASSICO」アートワーク

レスリー・キーはもはや言うまでも無いメジャーだけど、森本千絵ってEOS Mのベイブルーやったひとだよね?

_03

特集はトヨタ アクアのCM。そう、あのタイムラプスの。
これ、メイキング知りたいと思っていたのでとてもタイムリー。
そして、実にオーソドックスかつ王道の作り方していることに感心した。

カメラは昼間の3タイプがフェーズワンのIQ180、星空の1本がEOS-1D X。
モーションコントロールカメラとタイムラプスの組み合わせはとてもゴージャス。

ただ、ちょっとカラコレ(というかRAW現像)が、クルマのボディを綺麗に見せすぎていて、部分的にCGっぽく見えちゃうのは微妙な気もする。

_04

そして、まさかのジョジョの奇妙な冒険と資生堂のコラボ
いやあ、なんというか、オトナのコスプレ。
個人的には、コスプレはこっち系が好き。時間と予算をかけて、いつかやりたいなあ
(モデルさん、緩募です)

_05

次号予告に、バスキュールの名が・・・。
期待しています。

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください