映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

実はFCP6では1920AVCHDに非対応

以前、書いたように、Final Cut Proは Ver.6.0.1にアップデートすることで、AVCHDをサポートする。
(ProRes 422もしくはApple Intermediate Codecにトランスコードしてハンドリング)

Img_8832

なのだが、実は、パナのSD3のようなフルHD解像度(1920x1080pixel)モードでは不具合がある。

この時に現象を確認していたのだが、要はこんな感じ

Avchd3

SD3のHFモード1920x1080pixel をトランスコードすると、横方向にひしゃげてしまう。

HNモード1440x1080pixel は問題なし

トランスコードされたクリップを見るとこんな感じ

Avchd1

横方向だけ1920が2560に変倍されている。
(Apple Intermediate Codecで見ているがProRes422でも同じだった)

さらに1440モードがピクセルレシオなのに1920モードはCCIR601のピクセルレシオと解釈されている。
間違いなく、原因はこれだろう。
暫定回避策は、次のエントリーで書く

近い将来、修正されるであろう不具合だが、SD5やSD7が出てくるまでに間に合うかな〜

いや、それより、来週早々リリースされるのが公然の秘密のようになっている新iMacには、先行して新しいiMovieが(そしておそらく新しいiDVDも)載っているらしいこと。

新iMovieは間違いなくApple Intermediate CodecによるAVCHD対応版だと思う。
楽しみ。

Comment (1)
  1. むりむり より:

    お〜の〜!
    大丈夫かな〜・・・ドキドキ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください