映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

Keynoteが「古すぎて」開けないとき

Keynoteと言えば、Macらしいというか、アップルらしいソフトウエアの代表格だと思う。
PowerPointにも良い部分はたくさんあるけれど、自分は圧倒的にKeynote派。

Keynote_01

なんだけど、無償バンドル化とiOS版との互換性強化の流れのなか、Mac版のKeynoteは機能的に後退したのは否めない。
ので、個人的にはKeynote 09をいまだ使用中。一度新バージョンで保存してしまうと下位互換性がないので、保存も古いままだ。

Keynote_02

でも、大学の演習室がこの春全面的にリニューアル。Macも黒いMac Pro始め、最新型になったため、入っているKeynoteは最新版。
ああ、レイアウト変わっちゃったりするんだよなあ、と思いながら、授業前に修正しようとKeynoteファイルを開くと・・(画面キャプチャはダミーです)

Keynote_03

このプレゼンテーションは古すぎるので開くことができません
まずKeynote 09で保存してください

な・ん・だ・と?

大学のMacにはもうKeynote 09は入ってないんだってば・・・
ってか、この前まで、開けたよね?あれ?ワタシの勘違い?

Keynote_04

コンテクストメニューみるとプレビューで開けそうだったので、取りあえずプレビュー開いて見ると・・・

Keynote_05

貼り込んだ画像が表示できるものと、できないものに別れてしまった。
(条件は分からない)

うーんうーん・・・

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください