映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

ワイヤレスでスーパースロー撮るには:リモートコマンダー RMT-VP1K

SONY RX100 IV(上位機RX10 IIも)のHFR(ハイフレームレート)撮影、すなわちスーパースローモーションは1テイク2秒しか撮れない。(画質優先の場合、撮影時間優先なら4秒)
ので、回しっぱなしにしてあとでいいところをつまむ、というiPhone 6のスローモーション撮影のような使い方は出来ない。
そこで活躍するのがソニー純正のリモートコマンダー RMT-VP1K である。

Rmtvp1k_rx100_iv

17892-282-296029

こういうカメラ上を飛び越えていくようなショット(このエントリーの動画)では、iPhone 6ならセットして回しっぱなしにしてスタート!だけど、2秒しか連続撮影の出来ないRX100M4ではその余裕はない。

RMT-VP1K & RX100 IV_01

だって、カメラセッティングはこうなるのです・・。
撮影:クマデジタルさん

オレの屍を超えていけ、な訳でもなく、だいたい踏んだら綺麗に走れないってば、なのでワイヤレスでレリーズするしかない。

この作例動画の中で3カットくらい使っています。

RMT-VP1K & RX100 IV_02

で、RX100M4にはスマートリモコン内蔵版がプリインストールされていて、iPhone 6やAndroidから画面をプレビューしながらレリーズできる機能がありますが・・・

RMT-VP1K & RX100 IV_03

ハイフレームレート撮影モードでは使えないのです(ダメじゃん)。

RMT-VP1K & RX100 IV_04

そこでSONYさんから追加で借りたのが、リモートコマンダー RMT-VP1K

RX100 IVに合わせたように新発売だけど、RX100 IV専用ではなく、RX10 IIはもちろん、α7 II、α7R II、α6000といった一眼やハンディカム等のビデオカメラにも対応する。

RMT-VP1K & RX100 IV_05

中身はズームレバー付きリモートコマンダーと、360度対応IRレシーバー、クリップスタンドのセット。

RMT-VP1K & RX100 IV_06

IRレシーバーのケーブルをカメラのマルチ端子に繋いで使います。

RMT-VP1K & RX100 IV_07

IRレシーバーは複数台の同時使用が可能な3チャンネル切り替え型という本格仕様。
カメラのアクセサリーシューにマウントできる形状になっている底部には、三脚穴もついています。

RMT-VP1K & RX100 IV_08

ホントはこんな風にホットシューにマウントするのがいいのですが

RMT-VP1K & RX100 IV_09

RX100M4にシューはありません(笑)

RMT-VP1K & RX100 IV_10

ので、同梱のクリップに付けて三脚の足に挟むのがイイと思います(床に置いてもいいけど)。

今回のようなシチュエーションにはコンパクトな(でも、雲台部の自由度が高い)テーブル三脚が有効ですが

RMT-VP1K & RX100 IV_11

屋外での通常型三脚の時はパーン棒に挟むのがいいかと思います。

RMT-VP1K & RX100 IV_12

ホントはこんな風に(写真はイメージです)ネコやハトが寄ってきて、飛び上がったりする瞬間をエンドトリガーで撮るつもりだったのですが、3日挑戦して、1回も寄ってきてはくれませんでした。残念。

RMT-VP1K & RX100 IV_13

ちなみにRX10 IIを買った高田助手も、このリモートコマンダー RMT-VP1K 、同時購入しています。さすがです。

17892-282-296029

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください